So-net無料ブログ作成

エチエンヌシリーズ [読書]

大学の頃、うちの学科の学生控え室に
1、3~8巻があったのが、最初の出会いです。
その後、2巻(展覧会の絵)を書店で発見&購入したのをきっかけに
ずら~っと集めることになったわけですがw
幸い、コミックス発売された「恋するプリマヴェーラ」までの16冊は
すべて抱え込んでいます。
ある日欲しくなって、既刊全部買いあさってた…
しかも16巻発売直前という、今にして思うと微妙なタイミングで。

実は、最初の「アンチ キリスト シンフォニー」については
雑誌掲載されているのを読んでいた(笑)<たまたま、しかも借りた本
それとは別に「クリスタルバラード」も読んでたみたいです。
集英社系はあまり読んでない(小学生時代のりぼんをのぞく)ので
妙な縁があるシリーズなわけです。

新刊がでるって話をしばらく聞かないな~と思ったら
ぶーけがなくなって以来、途絶してたという話をつい最近ききましたorz
もちろんまとめて絶版状態。
復刊.comで署名募ってるらしいので
あとで一票いれてきます…orz

正直、魔法の森のDREAMあたりから
掲載誌と水星さんの作風の乖離は気になってたし。

#同社他雑誌ほどではないとはいえ
#ぶーけもかなり作風のバリエーションが…になってきた頃でした

もっとも、どこの出版社なら
あの作品おkだったのかと思うと…今はどこも厳しそうですね。
秋田書店も、妖精国の騎士があれだし
白泉社も…メロディあたりに隔離したのでおk?<しかしあの雑誌も当初より薄まってる…
自分の趣味が、昔っからメインストリーム以外の傾向あった自覚はありますが
それにしても、少女漫画が全般的に、凝った背景/ストーリーを
本気ではじきだしてしまってると思います。

もっとも、こういう傾向は最近だけのものじゃないというのも確かです。
なかよしとりぼんの極端な低年齢化(80年前後)を見てきたしね…
復刊系の文庫コミックスを読みまくると
ぜって~今は無理!ってな作品が並ぶし。
読者コーナーも中高生が普通で、小学生が読んでていいのかと思ったもんなあ。

少女漫画で見てきた、設定が濃い(というか、重いというか、裏ありまくりんぐというか)漫画たちが
これからどうなっていくのか、不安です…
エチエンヌもなあ、必死で薄い、軽い部分を前にだしてたけど
裏が透けて見えてたしねorz
レヴィの設定とか思うにつけ
今ならどさくさに平積み可能だろうなあと考えるのだがw

#オーケストラの指揮者なのですね


シュバルツ・ヘルツ 黒い心臓 アリアドネの糸車 [読書]

シュバルツ・ヘルツの3巻もでたわけですが
…んと、今コバルトで続いてる
桑原水菜の作品2つ、赤の神紋とシュバルツ・ヘルツですが
ミラージュのときに書き足りなかった部分の補足でもあるのかな、と。

赤の神紋は、まあ連城と榛原、連城と蛍の関係を見ていると
ミラージュの誰かさんと誰かさんって見方は避けられんw
また、どうしても周囲の人をからめて考えざるを得なかった
高耶と直江の関係(上杉関係もそうだし、四国以降は個人でいられたこともなかった。
まあ直江は度々個人になろうとしていたが、果たせたわけじゃない)
を、完全に個人と個人の関係って形で再構成したときに
どういったストーリーになるかという期待もあって読み始めました。
もちろん、現代でも完全に個人と個人だけの関係は書けないわけでして。
連城が一度やろうとしたように
そして榛原が劇中ではやってのけてたように
外の世界をまったく取り入れない関係は、異常な状況でないと成し得ないわけだ。
まあ、だからこそ
桑原節が炸裂する部分は大きいと思います。
ふと1人になったときの主要人物たちの姿だけを1巻からずらりと並べると
心境の変化や、これが書きたかったのかなって部分が見えてきます。
ま、劇中劇も楽しいのですけどね、このお話。

んじゃ、かなり桑原節が抑えられている(意識的?)なシュバルツ・ヘルツは
何を書きたいのか?
3巻でだいぶ桑原節がでかかってますがw
ミラージュの序盤で書きかけて、ほぼなかったことにされた(泣)
事件へ巻き込まれる側、巻き込む側の思いを書きたいのかなっと。
3巻にきて、やっと奏が「巻き込まれただけの被害者」ではなく
心臓との会話(この言い方もアレだが)を通して
自分が何をやらなくちゃならないのか、考え始める。
アイザックは、奪われたはずの黒い心臓を、奪い返す段になって
己の迷いに直面させられる。
ミラージュでは、ほんと最初の2巻分くらいしか書けなかった上に
状況が状況なおかげで、とっとと慣れ親しんじゃったし。
3巻になって、ケヴァンもなかなかいい味だしてきましたね。
上に書いたことも含めて「迷い」を前にだして書きたいのかなっと。
んと、桑原節のぐるんぐるんではなくって
前を見据えて、でも迷う様子というか。

ちとぐだぐだ気味なので、書き直すかも。


マリア様がみてる 大きな扉 小さな鍵 [読書]

うわ~、はじめてかも。
祐巳さん視点なっしん。
おかげで、祐巳のもちあげられっぷりに笑うw

ええと、知り合い用の内容ばらしです。
ふふ、温帯の速度に慣らされてた過去がある私に
この程度の停滞など片腹痛いわwww
…痛いのは腰ですorz

続きを読む


架空の王国、読了 [読書]

架空の王国、読み終わりました。
ええと…やっぱし、「ムジカ・マキーナ」と「薔薇の騎士」シリーズは
読んでおくと、にやりとできる箇所があるのでおすすめです。
もっとも、薔薇の騎士は入手困難か…orz

しかし、ボーヴァル王国ってのがどういう国なのか、
ちょっとでもヒントとしてでてくるのは
薔薇の騎士の方なんだよなあ。
ムジカ・マキーナは、後書きにもありましたが
とあるシーンの舞台が、ムジカ・マキーナにも出てくるのが重要。
他は…私自身、これら以外はJコレクションの本しかもってないのでなんともorz

謎解きを主体にしたい場合は
この物語の雰囲気に飲まれずに情報を集めていれば
主人公の視点で読んでいても、ヒントはきっちり並べられています。
読み返していると、思い当たるふしがずらずらと出てきてるよorz
問題は、この物語、どう考えても
雰囲気にどっぷりつかりながら読む方が楽しいってことで…
むう、困った。

個人的には、やはりどっぷりひたりながら読むのがお勧めなのです。
紙なのか、黴なのか、鉄錆なのか、血痕なのか、
正体のわかるようでわからない匂いに囲まれた気分で
ボーヴァルの歴史と現在に心飛ばして読みたいのです。
ぜ~ったいに、仕掛けられたトリックにハマるけどなっw<どはまりしたorz

いろいろ書いたけど、面白いので読め>そのあたり


架空の王国、到着 [読書]

昨日、やっと届きました「架空の王国」。
復刊ドットコムでリクエスト&注文していたものなのです。
高野史緒の作品のうち、公式サイトのタイトルにもなってるこの作品ですが
まだ読んでる途中です。
通勤途中の電車(の一部)とバス(このために座れるやつ待った)で
読んだ分だけだから。
現在、全体の厚さの1/4こえたあたりかな。

読了しないうちに書くのもあれかと思いましたが
ちょっと書かずにはいられない。
本好きの人はいいから買えwww
ええと、読書好き、ではありません。本好き。
主人公の立場から見ているからよけいに感じるのか
古い本独特の香りがたちこめた書庫の雰囲気がいいのです。
古い紙の、それどころか羊皮紙すら混じった古い資料の山の中
ほこりともなんともつかない独特の香り。
しまいには、なぜか錆びた鉄のにおいすらしてくる…
本の留め金の香りなのか、それとも本が覚えている記憶の香りなのか。
独特の妄想を感じた覚えのある方にお勧めします。

個人的には、読んでいくうちに
大英博物館の、あの巨大本棚が並ぶ幸せ部屋とか
あと、うちの高校の古い図書室~司書控え室とか思い出しました。
校舎自体も古いおかげで、なんか不思議な香りしてたんだ。

内容については、今書くと
どこでうっかりネタばらしになるかわからないからパスでorz

ええと、著者の他作品を知っている方だとさらに楽しめると思います。
なにしろ舞台は、あの「ボーヴァル王国」なのですから。
あと、ちらりとベルンシュタインの名前も出てきましたね。


エルリック・サーガ復刊 [読書]

高校生~大学生あたり、天野絵表紙を目印に
本を読みまくっていた時期がありました。
結果、がっつりファンタジー系に偏りまくってましたが(笑)
そこから派生して読んだものに
今でもお気に入りのものがかな~り混じるわけですね。

…の中のひとつ、エルリック・サーガが復刊されました。
今回のシリーズタイトルは「永遠の戦士 エルリック」になったようですね。
高校の近くにあった図書館に、当時発売されていた6巻までのすべて

#7,8巻(まあどちらも外伝ではあるが)はかなり出るのが遅かった…

があって、何度借りたかわからないほど頻繁に借りてました。
買えるようになったら速攻でそろえたさっ。

忘れもしない、6巻「ストームブリンガー」の表紙に一目惚れして
とりあえず3巻まで(いきなりw)借りてきては
睡眠時間減らして読みふけってました。
いやあ、いわゆる剣と魔法の世界において
アルビノの虚弱体質な主人公(がっつり薬漬け)ってのは意表つきました。
それ故に魔剣を手にし、魔剣がもたらす運命に翻弄され。
一度は手放しながらも最後には魔剣をまた手にする。
最後の角笛を吹くシーンのイラストもよかったですなあ。
そしてラストのストームブリンガーの一言は
ここまで読んできた自分を突き落とす言葉でしたが。
おかげで、読み終わった次の週には
もう一度最初から図書館で借りなおしたくらい(笑)

せっかく復刊するのだから
コルムやエレコーゼやルーンの杖やブラス城も希望!


暴れん坊本屋さん 1 [読書]

たしか、大奥の1巻を探して本屋さんに行ったはずなのですが…
気がついたら追加で手にしていた本ですw
作者の久世さん自身が漫画家兼本屋のバイトやってる方ってことで
本屋さんの裏側(表側もあったか…)を
思いっきり自爆ぎみに描いたまんがなのです。

自分のコミックスを追加発注30冊かけたり
その理由を「作者の地元だからです!」(どきっぱり)とたたみかけたり。
結果、どうにか売るために自分でPOP書いたり<きっついよなあorz
3ヶ月の間、必死で新刊コーナーに置きつづけたり…

ジャンルは違えど似たような苦労のある(ダンボール箱の恐怖はないですが)
アルバイトしたことあるだけに、笑いが時々苦笑になります(´∀`)
本屋で訪ねられる本や雑誌のタイトルは6割間違ってるとか…
発注かけた本がきれいに売れたときの喜びとか。

本好きの人、本屋のアルバイト経験者orやりたいと思ったことある人、
立ち読みの人間に殺意を抱いたことある人w、
欲しい本のタイトルど忘れして確認できなかった経験ある人etc...
なにかしら、本や本屋さんに思い入れを抱いたことある人にはおすすめなのです。


旅団本vol.3世界編その他げっと [読書]

今日は夫の人の帰りが遅いのをいいことに
池袋方面をぶらぶらと。
まずはトプカで晩御飯食べてっと。
ポークをためしてみましたが、うまうま(*´д`*)
次回はチキンもためしてみたいですね。
お店の女性の方が、すごく元気な人で感じよかったです。

さて、元気でたところで本日の目的、ジュンク堂へ。
…の前にCD屋3件ほどちまちまと。
ふ、どこもFFVIIACのサントラ売り切れだったさorz
ついでにMissingの9、10巻発見したので購入。
これでMissingの13冊全部そろった~ヽ(´―`)ノ

傷心を抱えてジュンク堂へ。
目的の本は数冊あったのですが、まずはマンガ系のコーナーへ。
ゲーム攻略本もここなのですが…まあ、まだないかw
新刊あさって…げ、目的の本なしorz
おまけに、桑田乃梨子のコミックスが…すでに3巻ですかそうですかorz
豪放ライラック、とりあえず3巻だけ入手。
後でしらべたら、888なる作品もあったこと判明。
いかん…あちこちに書いてると、作者おっかけが辛いorz

#豪放ライラック、近所の本屋で1巻発見
#残るは2巻~ヽ(`Д´)/

会計は1Fでまとめてなので、移動…しようとしたら
いつのまにか、画像でのみ見覚えのある表紙が…
旅団本vol.3発見!!
夫の人に電話して2冊購入することに。

会計終わって…まだまだ買い物は続きますw
小説方面のコーナーに向かってっと…
うう、一度だけ見かけたヴァスラフはもうないかorz
グラン・ヴァカンスに手をだすか悩みつつ、いったんスルー。
文庫コーナーへ移動。
ええと…マルドゥック・スクランブルのシリーズ3冊発見。
幸いにして傷みも少ないので、購入確定。
引き返し…ながら、やっぱりグラン・ヴァカンスも買うことに。

…さて、本日の書籍代はいくらでしょう?orz
帰宅後は、あちこちのCD取り扱いサイト探しまくったあげく
まだ在庫あったHMVよりACのサントラ申し込みっと。


フラワー・オブ・ライフ2巻 [読書]

思い出したように読書カテゴリーに追加<かなり忘れてたw

1巻もってなくていきなり2巻なのはおいといてっとorz

#売ってなかったんだよ~、2巻は平積みだったのに

…いや、死ぬほど笑って読んでました。
寝る前に読みはじめて、読み終わるまで寝れなかったよ。
真島最強すぎw
武田隈子センセーさいこ~www<注:作者名ではない
そっか…微妙に聞こえていた「この牝豚ァ!」ってこのことか…
あのがっこの学園祭は見物にいってみたいもんです。
いいよなあ、プライスレスな報酬。

なにげに、作品中作品もおもろいです。
「ルイジアナにひな菊咲いて」は、メインストーリーは普通そうなのですが…
婚約者(だったかな?)にとびげりかまして、とか
海軍士官との決闘て…しかも大食い競争かい、とかとか。
ナイフの妖精の話も、ピックアップされたシーンよかったですよね。
1コマだったのを、1ページに修正しただけのことはありました。

よしながふみ得意の
さんざん笑わかしながら、油断したところにほろっとさせるところがある作品なのです。
部分だけひっこぬくと、普通に学園ものなんだけどね。
…くそ~、それでSD本さんざん買ってたさorz
まさかn年たってから再び買いまくることになろうとは。

てか、真島って手塚部長を元にして曲がってもうた存在だったんか…


星界の戦旗Ⅳ [読書]

http://www.hayakawa-online.co.jp/top.asp
ほんとに発売ですか…
てか前の巻出てから何年たったとwww

ええと、無事の発売を祈っています。
今世紀中にさらなる続刊もよろ^^;;


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。